東急東横線「学芸大学駅」周辺の情報をお知らせする、地域密着型情報ページです。

学芸大学駅の沿革

東横線の開通

路線も変化がありました。

  • 1926年(大正15年) 2月14日 : (丸子多摩川)~(神奈川)
  • 1927年(昭和 2年) 8月28日 : 渋谷~(丸子多摩川)
  • 1928年(昭和 3年) 5月18日 : (神奈川)~高島町
  • 1932年(昭和 7年) 3月31日 : 高島町~桜木町
  • 1971年(昭和46年) 5月   : (東横線高架化完成)
  • 2004年(平成16年) 1月30日 : 高島町、桜木町への運行終了
  • 2004年(平成16年) 1月31日 : 渋谷~横浜の運行となる
  • 2004年(平成16年) 2月 1日 : みなとみらい線乗り入れ開始。渋谷~元町・中華街運行となりました。

    ・2008年(平成20年)、東京メトロ13号線(副都心線)新渋谷駅完成。

  • 2008年~2012年      : 耐震補強工事
  • 2010年(平成22年)     : ホーム延長工事一部完成
         (特急・通勤特急・急行を10両編成で運行するため。)
  • 2013年(平成25年)3月16日 : 東京メトロ13号線(副都心線)と相互乗り入れ。

「これにより東武東上線・西武池袋線から東京メトロ有楽町線・副都心線を経て、東急東横線と横浜高速鉄道みなとみらい線までがひとつの路線として結ばれました。」


渋谷駅も、東急東横店2階に接続していたホームがhikarie地下に変更されました。
以前は銀座線やJR山手線への乗り換えがスムーズでしたが、長い距離を歩いて乗り換えることになりました。

  • 2014(平成26年)3月16日 : ホームドア運用開始

    ホームドア
    これで安全性が上がりました。(ちょっと圧迫感はあるけど…)

東口入口  西口入口

学芸大学駅東口入口              学芸大学駅西口入口


駅名の沿革

駅名の変遷

  • 1927年(昭和 2年) 開通時 :碑文谷
  • 1936年(昭和11年) 4月 1日:青山師範
  • 1943年(昭和18年)12月 1日:第一師範
  • 1952年(昭和27年) 7月 1日:学芸大学 ~現在に至る

国立大学法人 東京学芸大学

  • 青山師範学校は、東京市赤坂区青山北町5丁目(現、港区北青山3丁目)に所在していました。
    • 1936年(昭和11年) 4月 当地世田谷区下馬に新築移転してきました。
    • 1943年(昭和18年) 3月 改正師範教育令により、第一師範学校となりました。
    • 1949年(昭和24年) 5月 東京にあった四つの師範学校が統合され、東京学芸大学となりました。
    • 1964年(昭和39年)   大学は、小金井市貫井北町4-1-1に移転しました。
                     (中央本線 武蔵小金井駅)
    • 現在、下馬には東京学芸大学附属高等学校のみ残っています。
      また、大学の校舎は「放送大学 東京世田谷学習センター」として
      使用されていました。

駅名変更の検討

1999年5月に駅名変更が検討されました。

学芸大学駅都立大学駅の両駅の駅名変更が同時に検討されました。
東急電鉄から各町会などにアンケートのたたき台が配られました。

検討の結果、住民と駅利用者を対象に投票が行われました。

駅名変更アンケート用紙

平成11年5月

お客様各位

東京急行電鉄株式会社

学芸大学駅の駅名についてのお願い

 お客様には平素より当社線をご利用いただきまことにありがとうございます。
 さて、皆様にご利用いただいております学芸大学駅は、昭和2年の東横線開通時に碑文谷駅と名付けられ、その後、青山師範駅、第一師範駅と名称を変え、昭和27年に学芸大学駅となり現在にいたっております。
 しかしながら、学芸大学が小金井市に移転してからすでに数十年がたち、その間、マスコミで「地方からの受験生が試験場を間違える。」という類の報道をされたことが何度かあり、又、当社に対して受験生の親御さんとおぼしき方から大学の所在の確認のお問い合わせをいただくことも毎年数件はございます。
 当社といたしましては、そうした事情からお客様に誤解をあたえかねない駅名をいつまでも続けるのもいかがなものかと存じ、できればこの際おとなりの都立大学駅とあわせて駅名を変更いたしたいと考えております。
 しかしながら、駅名は永年にわたりお客様に親しんでいただいてきたものであり、地名に準じた名称としてお使いいただくなど、地域の生活に密接に関係したものとなっています。
 したがいまして、当社はまず学芸大学駅の駅名変更について地元の皆様のご意向をうかがいたいと存じております。
 つきましては、下欄のご意見用紙に駅名変更の可否についてと、もし変更してよいというご意向ならば、誠に恐縮ではございますが学芸大学駅に代わる新しい駅名をお考えいただきご記入くださいますようお願い申しあげます。お考えいただけない場合には空欄のままでも結構です。
 ご意見用紙はお手数ではございますが、切取線より切り離して学芸大学駅改札口横に6月1日より6月30日まで設置します「駅名ご意見箱」にご投函下さい。
 皆様からの投票総数の内3分の2以上のご賛成をいただいた場合に、新駅名の選考に入らせていただきます。集計結果は町内会等を通じてご報告させていただきたいと考えております。
 仮に駅名を変更する場合にはお客様にお考えいただいた名称の中から選ばせていただきます。
 駅名変更について何とぞご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

(以下、記入用紙につき省略)


駅名変更アンケート集計結果

学芸大学駅・都立大学駅
駅名変更アンケート集計結果発表

 学芸大学駅都立大学駅
駅名変更を可とする方549票630票
駅名変更を否とする方934票436票
合計1483票1066票
可とする方の比率37%59%

以上の結果、可とする方の比率が3分の2に達しなかったため、
両駅とも駅名の変更は行わないことになりました。(1999年7月1日開票)


ご来駅記念入場券”を売っていました。

  1998年5月30日購入

入場券台紙

入場券台紙

「学芸大学駅には昭和46年5月、東横線の高架化完成により
開業した東急ショッピング・コリドールがあります。
又、近くに碑文谷公園や、サレジオ教会等の名所が
あります。   (写真 昭和46年6月撮影) 」

西口の写真です。
まだこの頃はさぼてんの建物は無かったんですね。

入場券 (硬券です)

入場券

写真は碑文谷カトリック教会(サレジオ教会)

年末になると東急カレンダーが発売されます。

1部1,000円で窓口で購入可能です。

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional